手順

ここでは、手順 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  インターネットでのお小遣い稼ぎの基本は、より多くのサイトに登録することです。  しかしながら、ネット上に存在するお小遣いサイトは無数にあり、どのサイトを選択して登録すればよいのか分かりにくいものです。  そこで私が実際に稼いだ実績をベースにまとめた“獲得ポイントランキング”を参考に、自分にあったサイトに登録して効率よくお小遣いを稼いでください。  “獲得ポイントランキング”のサイト名をクリックすると、そのサイトの特徴などをまとめたページが開きます。  そのお小遣いサイトへの登録は、上下にあるバナーから行うことができます。  お小遣いを多く獲得するためには、自分に合ったお小遣いサイトを少しでも多く登録することが必要であることは言うまでもありません。
スポンサーサイト
  多くのお小遣いサイトに登録しますと、メールがたくさん送られてきます。  プライベートのメールアドレスを利用してもいいのですが、私用のメールと混乱してしまう可能性があります。  そこで、お小遣いサイト用にフリーメールアドレスを取得して、登録の祭にはそれを利用した方がいいでしょう。  フリーメールアドレスは大手のGmailやYahoo!メールがオススメです。

GmailクリックするとGmailのページが現れますので、右上にある「アカウントを作成」からGmailを取得してください。
Yahoo!メールクリックするとYahoo!Japanのページが現れますので、右下の「Yahoo! JAPAN IDを新規取得」からYahoo ID と同時にYahoo!メールを取得してください。
  お小遣い稼ぎでたまったポイントは、現金や商品、ギフト券などに交換します。  現金に変更する祭には受け取り先として銀行の口座を利用します。  多くのお小遣いサイトでは、楽天銀行やジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行が受け取り先の銀行口座となっています。  それらネット銀行では口座開設/口座維持手数料が無料で、ポイント交換手数料が無料になったり安くなったりして節約できるという利点があります。  口座開設の手続きはネット上で出来ますので、下記の銀行のバナーやリンクをクリックして開設することをオススメします。

    住信SBIネット銀行
↑ 無料会員登録はこちらから ↑

 ツイッターを使ったアフィリエイトで定番なのがinfo-zeroを利用したものです。 info-zeroはゲームやツイッター、アフィリエイトの裏技などを無料で提供するサイトであり、そこで提供されている情報を紹介してダウンロードしてもらうと1件につき50円の報酬がもらえます。 そこで、以下に示す手順でツイッターを用いて、info-zeroの情報を紹介してお小遣いを稼ぎましょう!

 ①まず、info-zeroの無料会員登録を行う。

 ②ツイッターのフォロワーを増やす → 宣伝対象を増やす
  info-zeroで紹介されている「フォロワー増やすテクニック」の
  いくつかを利用させてもらいましょう!
  ・http://bit.ly/IBR6lS
  ・http://bit.ly/JzqUUl
  ・http://bit.ly/IBR6lS
  ・http://bit.ly/JkNrDp
  ・http://bit.ly/IE6uL6
  ・http://bit.ly/Klroxa   

 ③ツイッターのアカウントを増やす → 宣伝対象を増やす

 ④定期的にツイッターから宣伝を発信する → 宣伝を増やす
  ・ツイ助を用い、5分間隔で定期的に次ぎような宣伝広告を
   ツイートするように設定しましょう。
(宣伝広告の例)
    「ピグライフのスタミナウォーターを無料で手に入れる裏技」
     http://bit.ly/ICYHlj イベント時に課金してまで
     スタミナウォーターが欲しくならない?この方法でスタミナ
     ウォーターが無料ですぐ入手できる!\(^_^)/

 ①から④を設定すると、1)24時間自動で広告し、2)広告対象のフォロワーが自動で増えていくため、結果としてダウンロード数が増加し続けるという、うれしい効果が期待できます!
 
 私は2000以上のフォロワーを持つ10個のアカウント(@GranpaInfo_AKBなど)で宣伝活動することにより、毎月20,000円ほどのお小遣いを稼いでいます。 これから更にフォロワーやアカウントを増加させ、50,000円を狙っています。 操作はそんなに難しくないので、みなさんもぜひトライしてみてください!!

↓ 無料会員登録はこちらから ↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。